害獣・害虫駆除で快適な暮らし|今こそ一掃バスター

作業員

コウモリの駆除

これまでのコウモリによる被害について

散布機

現在では街中でコウモリを見かける機会も多くなり、コウモリ駆除も一般的なものになってきていますが、一昔前の日本では、街中でコウモリを見かけるということ事態がなかったのです。1960年代後半に急速な都市化が進んだことによって、コウモリが都市部に住み着くようになったといわれています。それまでは、人と野性動物の住み分けがハッキリとしていたので、コウモリは森などで生息していました。しかし、都市化が進んだことによって、住処を追われたコウモリが、人々が暮らす街中でも生息するようになっているので、様々な被害が増加傾向にあるのです。コウモリによる被害も増え続けていますが、コウモリ駆除の方法も多様化してきているので、様々なケースに応じた方法で駆除することが、可能になっています。

これからの駆除方法について

コウモリは冬眠をするので、秋ごろから自宅の天井裏に住み着いているという場合には、なかなか気づくことができないのです。しかし、活発に活動をする春から秋にかけての時期には、夜間に動き回ったり繁殖をしてしまいます。コウモリは鳥獣保護法の対象となっているため、申請をしなければ、駆除することができないのです。駆除業者にコウモリ駆除を依頼することで、こういった手間のかかる申請や捕獲後の対処をしてもらう事ができるので、多くの方の注目を集めています。都心部などでは、商業施設などへの被害も増加傾向にあるため、コウモリ駆除業者のニーズは年々高まっているのです。専門的な知識を持っていないと、対処が難しいコウモリを駆除するためには、プロに依頼することが大切なのです。